忍者ブログ

雨降りヒヤデス

みみとしっぽとドリルなトリックスター及びモンスターハンターF跡地からのカメラと写真をイロイロ(予定

そもそもの話その10
■そもそもの話その10(2014.08.12)
神田明神に通い始めること何度目でしょうか。もう覚えておりませんが二年くらいは経っていたはず。撮影機材がデジカメからスマホに変わっても相も変わらずパシャパシャしておりました。同じような被写体や風景でも撮るたびに何かしら変化があるものです。

日本には四季があるので。

その日は何気無くお土産やお守りの販売所のような休憩所もぶらぶらしていたのですが、そこで一冊の本のようなものを目にしました。



一冊の本のようなもの


これは何かと尋ねると御朱印というのを書いて貰うためのもの、とのこと。ここに来てようやく登場のワードです。長かった。では御朱印とは何ぞ、という訳ですが百聞は一見にしかずなので書いて貰うことに。



神田明神(神田神社)の御朱印


格好良いです。最初に見て感じたのが神聖やら神々しいやらそんなのでは無くただ格好良いでした。

聞けば日本全国津々浦々神社仏閣ならばほぼ貰えるらしく、これを集めている方々も多いそうで例えるならスタンプラリー的なアレですかね。


ああこれ凄いな。


何故か気持ちが高揚したのを今でも覚えております。

この御朱印の存在によってその後の行動範囲が広がることになるわけです。世の中何がきっかけになるかは分かりませんね。

その行動範囲の広がりが次のきっかけにつながるとはこの時点では知る由も無かったのですが…。



PR

コメント

コメントを書く